アトピー肌の改善に、腸内環境を整える。その方法と実体験。2ヶ月くらいで実感がわきます。

私は大人になってからのアトピーですごく悩んでいました。酷い時期には痒みで寝られず、ボロボロで仕事に行くのもつらく悩んでいた時期がありました。

いろいろなことをインターネットで調べ、アトピーの方の書いた記事をたくさん読み、出会ったのがビオチンのサプリでした。ビオチンが何かと言うと、納豆などに多く含まれている成分で、ビタミンの一種だそうです。これを摂取することによって腸内環境が整い、肌の調子もそれに伴って良くなるのです。

ビオチンは、ビオチンだけでは腸内環境がとても悪い場合にはうまく動けないのですが、腸内の善玉菌として働くアシドフィルス菌、もしくはミヤリサンという酪農菌、肌の調子を整えるといわれるビタミンCのサプリとともに摂取すると、良い方向に働き、徐々にですが肌の調子やお通じが良くなっていきます。

肌がボロボロな時は、腸内環境が悪くなっていることが多いそうですから、そこを整えることで肌も健康になるということですね。
また、体の冷えも腸内環境によくない、ひいては肌に良
くないということを知りすこし熱めのお湯(40℃〜44℃)で足湯をするようにしたら、冷えてカチカチになっていた足先がぽかぽかして眠りやすくなりましたし、すこしの半身浴などでも汗をかきやすい体になりました!

自分のオススメは、バケツにお湯を張って海の塩と重曹を入れ、なめらかなアルカリ性のお湯にしてから、アロマオイル(かならず、精油で。100均などのものはただの香料の恐れがあるため注意)を数滴垂らして、いい香りのお湯にして10分程度。足が両方同じくらい赤くなっていたらOKです。色が違う場合は、薄い方をすこし長めにつけてみてください。

これで今はだいぶアトピーがおちついています。

アトピーじゃない方も、肌荒れや冷え性は腸内環境からきているものかもしれません。もし興味がある方には是非試していただきたいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする